屋形船の歴史

屋形船のいにしえ

屋形船は古くは奈良時代から、大きな河川に浮かべた船の上で酒宴を催し、船の上で歌い踊ることが行われていました。、平安時代に入ると、舟遊びは庶民から貴族の遊びとしてなお盛んになり、船上で酒宴が行われたと万葉集にも詠れています。 この頃から「館船(やかたぶね)」の言葉が使われ始めます。屋形船の名前の由来は、昔身分のある貴族が寝殿造の屋敷に住んでいたことから、屋敷の主人と言う意味で「お館様」と呼んでいましたが、お屋形様という文字が転じて使われ、そこから豪華な船は屋形船と呼ばれるようになったという説があります。09

屋形船の最盛期は江戸時代です。江戸時代、屋形船は大阪・京都にもあったものと思われますが、その中で特に江戸は隅田川・荒川を中心とした河川や、堀を使った水上交通が発達した水上都市であったので、江戸の文化・経済が栄えるようになるにつれ、屋形船遊びも大いに隆盛に至りました。江戸に文化・経済が絢爛豪華に発展できたのは、第一に「河」あるいは「堀」と呼ばれる水上交通があったからなのです。 元禄時代、徳川の泰平・江戸の世の商人文化が熟するにつれ、碌のある武士や大名や、豪商や比較的裕福な町民達が盛んに屋形船遊びを行いました。その頃になると江戸のみならず、大阪・京都等の上方の屋形船も隆盛し、日本各地で桜を愛でたり、俳句を詠んだり唄を歌い…と「イキ」と「ハレ」を楽しむようになりました。

屋形船の構造も、江戸の経済的な豊かさを反映して、今では考えられないような絢爛豪華な遊楽船が造られていきました。有力大名や豪商などは自前の屋形船の豪華さを競い、屋形船は次第に「川御座船」と呼ばれる大型化した船に進化していきましたいきました。またその屋形船の装飾は正に絢爛豪華を競い、金・銀・漆・提灯などあらゆる手段でデコレーションし、『其美筆紙に尽くし難し』とまで言われたそうです。また江戸時代の屋形船では、船の中で芸者衆と遊ぶことが普通でした。 長さ11間幅3間部屋数10もある大型船はあまりにも華美すぎるので、幕府はついに装飾や大きさに制限を加えはじめ、『遊山船金銀之紋、座敷之内絵書き申間敷事』ほど制限、禁令がでるほどであったと伝えられています。

屋形舟遊びは明治維新後も生き残り、裕福な庶民の間で「風流な水上の遊び」として明治、大正、昭和初期、と続いて日本全国で親しまれてきました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. シャノーさん
    とある日の早朝、仕込みのお忙しい時間に打合せをお願いしちゃいました。
  2. はまかぜサブレ
    はまかぜサブレのご紹介です。予約方法や、コースによってプレゼント実施中の「はまかぜサブレ」です。
  3. 県庁

    2015.4.26

    お隣さん
    私の働く事務所の横には神奈川県庁本庁舎「横浜三塔」のひとつ、キングの塔。
ページ上部へ戻る